焼き方一つで味や仕上がりが変わってくる?牛肉ハンバーグの美味しい焼き方などをご紹介します

このサイトは味や仕上がりが変わってくることもある、牛肉ハンバーグの美味しい焼き方についてご紹介しています。
せっかくの牛肉を使ったハンバーグを美味しく食べるためにも、ぜひ参考にしてください。
牛肉のハンバーグや和牛ハンバーグを焼くことに失敗した時には電子レンジ加熱がおすすめです。
また牛肉のハンバーグと和牛ハンバーグのリメイクメニューも、このサイトでご紹介しています。
活用の幅を広げるのに役立つはずです。

焼き方一つで味や仕上がりが変わってくる?牛肉ハンバーグの美味しい焼き方などをご紹介します

厚みがあるため上手く焼くのが難しいと思われることがある、美味しい牛肉ハンバーグを焼く方法を知りたいという人もいるのではないでしょうか。
まずはフライパンに油を熱し、牛肉ハンバーグを起きます。
そして焼き色を付けながら3分ほど加熱します。
その後ひっくり返して、水を少量入れ蓋をして蒸し焼きにしましょう。
3分ほど経ったら、蓋を開けて火を強めて少々火を入れます。
このような焼き方をすると、美味しく焼くことができます。

特別な道具は不要!牛肉ハンバーグの調理で必要な道具

牛肉ハンバーグは誰にでも作りやすい料理です。
作りやすいのは、調理のために特別な道具が必要でないからです。
一般の家庭にあるキッチン用品があれば、簡単に調理できます。
牛肉ハンバーグはとりあえずフライパンさえあれば、簡単に調理することができます。
フライパンがない場合でも、焼く以外の方法ならば他の道具でも調理は可能です。
煮込みハンバーグなどは、鍋を使用して作ることもできます。
なお、牛肉ハンバーグを焼く時には、肉をひっくり返すために使用するヘラもあった方が便利です。
肉は片面ずつじっくりと焼いていく必要があり、表面に焼き色がついて中身まである程度火が通ったら、良いタイミングでひっくり返す必要があります。
このような場合にヘラを用意しておけば、ハンバーグの形を崩さずにきれいに返すことができます。
牛肉ハンバーグの味付けに使うソースを作りたい時には、小さじや大さじなどのキッチン用品もあらかじめ用意しておいた方が最適です。

牛肉ハンバーグが生焼けになってしまう理由

牛肉ハンバーグが生焼けになってしまうのは、ハンバーグを暑くしすぎている可能性があります。
厚みがあるほど中心に熱が通りにくくなるので注意が必要です。
お店で提供されるような牛肉ハンバーグはとても肉厚で美味しそうですが、プロのテクニックによるものなので家庭で真似するのは容易ではありません。
火の通りを優先するなら厚みは2cmまでです。
また成形する時に空気を抜くのが不十分だと、焼きムラができてしまいます。
表面は焦げ付くほど火が通っているのに、中心は焼けていない原因になります。
焼いている時に中心部だけが膨らむようであれば空気が入っていると考えられます。
最低でも10回は空気を抜いて、中心を凹ませてムラができないようにしましょう。
さらにフライパンの火加減が強すぎるのも、外側のみ焼けることにつながります。
表面がこんがりしてきたら、弱火から中火に変えてじっくりと火を通すことで美味しい牛肉ハンバーグが完成します。

牛肉ハンバーグと和牛ハンバーグを上手に焼くための火加減

多くの方が好物にあさっていると言えば、和牛ハンバーグでしょう。
昨今ではファミリーレストランでも色んなメニューのハンバーグがあるため、何度でも食べたいと思える料理です。
一般家庭に家庭料理の定番メニューにもなっていますが、ここでは簡単に、牛肉と和牛の上手な焼き方の火加減について見ていくことにしましょう。
まず通常の牛肉の場合、最初から火力を最大にして鉄板を熱するのがポイントです。
外国産だと赤身よりも脂身の方が多いので、中までしっかりと火を通さないといけません。
そのままでは火力が弱いというときは、多くの油を敷いてからお肉を投入しましょう。
和牛ハンバーグに至っては、まずは火加減は弱い目でスタートをしていきます。
表面がキツネ色になったら裏返して、ここから中火に変えてフタをするのがポイントです。
その後20分ほど蒸し焼きにするので、スプーン1杯分の水を入れて待ちます。
和牛ハンバーグはあまり強い火で焼くと身が崩れてしまいます。

厚みのある牛肉ハンバーグや和牛ハンバーグを家庭で美味しく焼くためには

牛肉ハンバーグは子供から大人まで好きな人が多いですから、自宅でも食べるケースは多いと考えられます。
和牛ハンバーグは特にジューシーな味わいを感じることができますから、お取り寄せなどで買う人も多い筈です。
お取り寄せで厚い和牛ハンバーグを買うと自宅で焼くことになりますが、自宅で焼く場合はコツがあります。
厚みがある牛肉ハンバーグを焼くときに強火で表面だけを焼いてしまうと、中身が生焼けの状態になっている可能性が高いので、その点を注意しておかないといけません。
最初に表面を強火で焼いて、焼き色をつけるのは悪くありませんが、その後に弱火にして蓋をした状態で蒸し焼きにするのが大切です。
蒸し焼きをするときに白ワインを少し入れると、味わいを深くしながら蒸気で上手く蒸して中まで火を通すようなことができます。
白ワインがなければ、軽くお湯を入れてみても簡単に蒸し焼きをすることができますから、代用してみてもいいかもしれないです。

和牛ハンバーグに関する情報サイト
牛肉ハンバーグの美味しい焼き方

このサイトは味や仕上がりが変わってくることもある、牛肉ハンバーグの美味しい焼き方についてご紹介しています。せっかくの牛肉を使ったハンバーグを美味しく食べるためにも、ぜひ参考にしてください。牛肉のハンバーグや和牛ハンバーグを焼くことに失敗した時には電子レンジ加熱がおすすめです。また牛肉のハンバーグと和牛ハンバーグのリメイクメニューも、このサイトでご紹介しています。活用の幅を広げるのに役立つはずです。

Search